Speaking Made Simple

英語や他の外国語を学ぼうとする人は誰でも、どうしたら文法を理解することなく効率的に学習できるかと考えます。英語は他の言語と同様、コミュニケーションツールであり、現在約20億人の人々に認識され、使用されています。言語には大きく分けて2つの側面があります。書くこと」と「話すこと」です。ここでの主な目的は、英語を話せるようになることです。


長年、日本人の子供や大人に英語を教えてきた経験から、英文の構文を教えることが最も困難であることがわかりました。 伝統的な英文法では、(第一文型(S+V)、第二文型(S+V+C)、第三文型(S+V+O)、第四文型(S+V+O+O)と第五文型(S+V+O+C))の5つの基本的な文構造があります。これらの英文構造を取り上げ、基本的な完全文を構成する5つの重要な構成要素やブロックを整理してみました。


簡単な方法で英語を話せるようになるには、[ 5-BLOCK ] システムと呼ばれる方法があります。今まで学んだ英語、特に英文法を一時的に捨てていただくことが必要です。さあ、始めましょう。


5ブロックシステムには、英語を簡単に話せるようになるための基本テンプレートがあります。このテンプレートを使えば、短くてシンプルで正確な英語の文章を作ることができます。[ 5-BLOCK ] システムのテンプレートは、他のテンプレートと同様に、同じアイデアを伝えるために簡単に変更することができます。


このシステムは、その名の通り、5つの基本ブロックで構成されています。すなわち、「 PERSON – 主役 」、「 ACTION – 行動 」、「 THINGS – 物 」、「 PLACE – 場所 」、「 TIME – 時間 」 であり、基本的なテンプレートに配置されています。

「 PERSON 」+「 ACTION 」+「 THINGS 」+「 PLACE 」+「 TIME 」

「 主役 」+「 行動 」+「 物 」+「 場所 」+「 時間 」


この5つのブロックはすべての言語に存在し、ブロックの基本的な配置が異なるだけです。ここでは、日本語を例に、5つのブロックがどのように配置されているのかをご紹介します。

1: PERSON + ACTION

2: PERSON + ACTION + THINGS

3: PERSON + ACTION + THINGS + PLACE

4: PERSON + ACTION + THINGS + TIME

5: PERSON + ACTION + THINGS + PLACE + TIME

PERSON ブロック

なぜ[ PERSON ]ブロックと呼ばれているのか不思議に思うかもしれません。主語になる単語は人だけではありませんが、英語を学ぶ子供たちに理解されやすいのは、 [ PERSON ] です。 ですからこのブロックを[ PERSON ] ブロックと呼びます。[ PERSON ]ブロックは、単純に相手に伝えたいことを表現します。

赤の太字で書かれた文中の単語は、 [ PERSON ] ブロックを表しています。

私は幸せです。
I am happy.
彼は医者です。
He is a doctor.
私の友人が来ます。
My friend is coming.
彼女は私の妹です。
She is my sister.
そのテーブルは汚れている。
The table is dirty.
その犬は吠えている。
The dog is barking.
そのアイデアは良い。
The idea is good.
今日は暑くなりそうですね。
Today is going to be hot.
あなたは本を読んでいます。
You are reading a book.
私たちはクラスメートです。
We are classmates.
彼らは床で寝ています。
They are sleeping on the floor.

ACTION行動」ブロックからは、
次のような文型が構成されています。

現在
:The old man sits on that bench every ….
現在:The old man is sitting on the bench ….
過去:The old man sat on that bench this ….
未来:The old man will sit on that bench tomorrow ….

ACTION ブロック

Part 2 : 「ACTION – 行動」ブロック

ACTION行動」ブロックは、「PERSON主役」ブロックが何をしているのか、何をしているのかを決めるためのブロックです。 「ACTION行動」が決まったら、次は時制を決めます。初心者の方は、「現在時制」「現在進行時制」「過去時制」「未来時制」の4つの基本時制から始めましょう。

現在 1
事実を示すことや、常に真実であることを示すこと。
– 日常的に行っている活動や習慣的に行っている活動に対して
– 思考や感情、考えを表現するために。
– これから起こる予定や出来事の予定。
– 指示を出すこと。
画像参照 : sit / sits


現在 2
– 事実を示すことや、常に真実であることを示すこと。
– 日常的に行っている活動や習慣的に行っている活動に対して
– 思考や感情、考えを表現するために。
– これから起こる予定や出来事の予定。
– 指示を出すこと。
画像参照 : (am / is / are) sitting


過去
– 過去に開始し、過去に完了したアクションを記述します。
画像参照 : sat


未来
– 未来形は未来の出来事を表す時制表現。
画像参照 : will sit

Check This :
「ACTION - 主役」ブロックの基本的な単語を聞くことができます (pdf + mp3)

THINGS ブロック

Part 3 : 「THINGS – 物」ブロック

画像を参考にして、「THINGS」のブロックは “BENCH – ベンチ” です。 次に、位置を決めなければなりませんが、この場合、老人は「ベンチの後ろ」に座っているのではなく、「ベンチの下」に座っているのでもなく、「ベンチの前」に座っているのでもなく、老人は「ベンチに座っている」のです。

Check This :
「THINGS - 物」ブロックの基本的な単語を聞くことができます (mp3)

PLACE ブロック

Part 4 : 「PLACE – 場所」ブロック
PLACE場所」ブロックでは、「ACTION行動」が行われる場所を指定する必要があります。想定されるシナリオとしては、老人は「駅」や「公園」、「図書館」の中にあるベンチに座っている可能性があります。 写真では、情報が不足しているため、「PLACE場所」ブロックを特定することができません。「PLACE場所」のブロックを省略しても文型に影響はありません。

Check This :
「PLACE - 場所」ブロックの基本的な単語を聞くことができます (mp3) Coming Soon!

TIME ブロック

Part 5 : 「TIME – 時間」ブロック

TIME時間」ブロックは、使用される時制に応じて変化します。

現在: every day, every morning, every Sunday, now

過去: just now, yesterday, last week, last Monday

未来: tomorrow, next Monday, coming Wednesday

Check This :
「TIME - 時間」ブロックの基本的な単語を聞くことができます (mp3) Coming Soon!